HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類ナンカにさせない

外の世界

なんか暇だったんでリンクで飛び回ってたらこんなとこに行き着きましたよhttp://tetramorph.to/oobe/


幽体離脱


1. 仰向けにねる。部屋は暑くもなく寒くもなく寝具も快適なのが理想。

 真っ暗より少し明るさは残っていたほうがいい。



2. 目を閉じて上空1~2メートルくらいのところに自分の分身(光体という)をイメージする。

 できるだけ精密にイメージする。分身の服装はご自由に。


3. 普通に呼吸を繰り返して、息をその分身に吹き込む。数分くりかえす。


4. 肉体上で「私」を感じている点(普通は眉間とか胸にある)を、分身のほうに移動させる。

 息を吹き込む時の要領で、その息の流れにのって分身の中に入り込む。



5. 分身に乗り移ったつもりで、その体で周囲を観察したり、感じるようにイメージする。


6. 以上の作業をつづけたら、そのまま意識を眠りに近づける。イメージ作業終わり。



7. うまくいくと眠りに落ちる手前で、耳鳴りがきこえてきて、やがて大きな音になり、

 金縛りのようになるけどそのまま抵抗しない。怖がらず平静を保つ。



8. やがて肉体からもう一つの体(幽体)が分離する。

 幽体になったらいそいで肉体から離れる。宙に浮こうとかここはどこだとかあれこれ考えない。

 目が見えない事もあるけど、手探りで肉体から離れる。

 ここでゴムのようなロープで肉体からひっぱりもどすような力が働くけど抵抗する。

 肉体から十分はなれたら目も見えるようになる。



9. あとは心ゆくまで向こうの世界を探検する。(見てみたいもんだ)

 もどりたくなったときは、戻りたいと念じれば戻る事ができる。



10. 戻ったらすぐに体を動かさす、経験した内容を頭の中でまとめ、その後記録する。




・・・・らしいです。


やりたい人居たら、やってみて感想聞かせてください(*・ω・)


俺は今に満足してるんでやりませんょ(´・ω・`)?













暇なときにでもヤルカ(マテ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://lilaseisen.blog111.fc2.com/tb.php/16-96c6fb7b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。